スポーツ疾患

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷とは

転倒などによる突発的なケガを、特にスポーツ外傷と呼び、 スポーツ障害と区別します。 スポーツ外傷には骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどがあります。

スポーツ障害とは

運動を繰り返し行うことで起こる障害や外傷などの総称を指し、 別名「使い過ぎ障害」とも 言います。成長期の子供にも良く起こる症状です。

※自覚症状があまりなくともスポーツ障、スポーツ外傷が発生していることもあります。医師や柔道整復師等、専門家の診察を必ず受けましょう。また、痛みがなくなった場合でも、勝手な素人判断をすると再発の危険性が高くなります。専門家の指示に従いましょう。

スポーツ障害の主な部位と種類

膝(ひざ) サッカー膝、ランナー膝、 ジャンパー膝、 膝の痛み
肘(ひじ) 野球肘、テニス肘、水泳肘等
野球肩、リトルリーガーショルダー、水泳肩、脱臼等
足の裏の痛み、かかとの痛み(足底筋膜、踵骨)
シンスプリント、筋・ 腱断裂、打撲
腰の痛み、ぎっくり腰、椎間板
むち打ち、ムチウチ、寝違い等