ジャンパー膝

ジャンパー膝の原因

バレーボール(ジャンパー膝のおこりやすいスポーツの例)バレーボール、バスケットボール、ハンドボールなど、ジャンプやダッシュの動作が多いスポーツ種目で多発します。大腿四頭筋の収縮力が膝蓋骨(しつがいこつ)と膝蓋腱(しつがいけん)(膝蓋靭帯(じんたい))、大腿四頭筋腱との接合部に繰り返しかかることにより、腱の微小断裂や変性が起こります。痛みの部位は膝蓋骨のすぐ下(膝蓋靭帯炎)または、すぐ上が多いです。多くは成長期以降(15歳以上)に発症します。

ジャンパー膝の治療法

出来るだけ早いうちに対処しておきましょう。 ジャンパー膝は放置しておくと腱の断裂を招いたり骨が前に凸出したりします。初期のジャンパー膝は、運動後のアイシングで痛みを抑えるように心がけましょう。 ジャンパー膝の症状はジャンプ動作に伴って起こります。単に安静にするのは効果があまりありません。 治療と練習を並行的に行いましょう。